SUNSHINEより☆その2

スペシャル企画後、瀧澤が楽屋で大の字に寝ていた。

どんな事をしても起きなく、みんな置いて帰ろうとした。

そんな中、石原は心配で添い寝をした。

さらに石塚あつこは持ってきていたブランケットをかけてあげ、宮田は落ちていた服をかけてあげた。

なんて愛情溢れるどて劇団。

 

だが、井口は彼氏役である畠山からの愛情が感じられなかったらしい。

 

クリスマスの日、石塚はみんなにケンタッキーの差し入れをし、とても喜ばれた。

 

そんな石塚はこの日、一年前に引き続き、今回もドレスで稽古場に現われた。

しかしずっとパーカーを着ていた為、どんなドレスかはベールに包まれてたままでいる為、男性人はとてもてとても気になっている。

 

さらにこの日石塚は蜂に襲撃されたらしい。

 

瀧澤は雨の降っている日に靴が濡れるからとビーチサンダルで稽古場に現われた。

ちなみに12月も中旬の寒い日。

さらに皮肉なことに雨はすぐに止んだ。

 

石塚あつこは飲み屋で酔っ払い過ぎてお金の計算が出来なくなっていた。

なのに何度も何度も計算し直し、しまいには携帯のせいにしていた。

 

川口はスペシャル企画の時、宣言どおりに川口タイムが終わると帰って行った。

しかし鍵を忘れたと慌てて戻ってきた。

誰にも気付かれる事なく、また帰って行きたかったらしいがお客様からも発見され大変恥ずかしかったらしい。

 

畠山はスペシャルの時、バイトの先輩から演技についてのマジ駄目だしをずっとされている姿を目撃されている。

 

そんな畠山だが売り子の才能がある。

 

瀧澤と亀井はスペシャルの瀧澤タイムで本気プロレスを展開し、二人ともキズだらけになった。

そんな2人だが戦い終わった後、清々しい顔をしていた。

 

宮田はスペシャルのオープニングで頭がいっぱいになり、紅白の即興で歌を歌う企画で撃沈した。

 

そんな宮田はさらにスペシャルでトークが上手く出来なった、、とも落ち込み、トークが上手くなるようにする!と燃えてるらしい。

 

ここだけの話まだまだあります。

が、

とりあえずここまでで失礼致します。

続きをお楽しみに。。。